腸閉塞を管理する方法が登場|健康であるために

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

リンパ球のがん

カウンセリング

モノクローナル抗体療法

悪性リンパ腫は白血病や多発性骨髄腫と並んで、代表的な血液のがんとして知られています。原因は不明ですが高齢者に多い病気です。リンパ節が膨れることで発見できますが、リンパ節以外の臓器に発生することもあります。早期には自覚症状が少なく、発見の難しい病気ですが、血液検査やX線検査から発見されることもあります。かつて悪性リンパ腫は不治の病と考えられていましたが、現在では効果の高い抗がん剤や化学療法が次々に開発され、治療可能な病気になっています。近年研究の進んでいる治療法にモノクローナル抗体療法があります。これは悪性リンパ腫に含まれる特定のタンパク質を標的として攻撃する治療薬で、副作用が少ないため人気があります。

分類と治療方針

リンパ球には多くの種類があり、悪性リンパ腫もさまざまに分類できますが、大きく分けるとホジキン病と非ホジキンリンパ腫の2種類になります。日本ではホジキン病が約1割、非ホジキンリンパ腫が約9割と言われています。ホジキン病は予後が比較的良好で、早期に発見できれば放射線だけでも治療できます。病状が進んでいるときは化学療法や、化学療法と放射線治療の組み合わせで治療します。非ホジキンリンパ腫は悪性度の低いものは放射線で治療しますが、あまり効き目が良くないため、化学療法と併用することもあります。悪性度の高いものは増殖も速いかわりに薬も効きやすく、化学療法がメインとなり、放射線や局所手術を併用して治療します。