腸閉塞を管理する方法が登場|健康であるために

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

早期発見が重要

病棟

初期の症状はない

女性ホルモンの分泌をつかさどる卵巣には、良性、悪性を含めて様々な腫瘍が発生します。そのうちの多くは良性と言われ、卵巣がんの発生率はそれほど高くはありません。また、良性と悪性の中間の性格を持つ腫瘍も多くみられます。しかし卵巣がんは位置的に見つけにくく、検査も簡単にはできないこと、また初期には全く自覚症状がないことなどから、発見されたときにはすでにかなり進行していることが多く、女性器のがんとしては、最も死亡率が高くなっています。最近では発生率そのものも増加傾向にあるといわれ、早期発見の必要性が叫ばれています。早期に卵巣がんを発見できれば、片側の卵巣のみの摘出で済むこともあり、妊娠、出産の可能性も残されます。

症状と治療

一般的に、卵巣がんは初期のころには全く症状がありません。腫瘍が大きくなってくると、下腹部が膨満し、腹部を触っただけで腫瘍が認められる場合もあります。また、腫瘍がねじれると激しい腹痛が起こります。がんが進行すると腹水や胸水がたまってきます。このような症状が出た時にはがんの進行はかなり進んでいると見なければなりません。治療は主に手術療法と薬物療法がおこなわれます。多くの場合、発見された時には、もう一方の卵巣や子宮、リンパ節にまで転移しており、このような場合にはリンパ節郭清を含めた子宮、付属器摘出手術を行います。しかし、きわめて初期のがんであり、患者が妊娠を希望している場合には、片側の卵巣のみを摘出することもあります。