腸閉塞を管理する方法が登場|健康であるために

女医
このエントリーをはてなブックマークに追加

早期発見が重要

病棟

卵巣がんは初期の自覚症状は全くないため、早期発見が難しく、発見された時には既に進行していることが多く、死亡率も高いがんです。しかし、早期に発見できれば、妊娠出産の可能性も残されるので、早期発見の必要性が叫ばれています。

More...

リンパ球のがん

カウンセリング

悪性リンパ腫には大きく分けてホジキン病と非ホジキンリンパ腫の2種類があり、治療方法も種類によって異なります。モノクローナル抗体療法は特定のタンパク質を標的として攻撃する治療薬を用い、副作用が少ないのが特徴です。

More...

医療機関の使い分け

女性

診療科の種類も増えているので、平野区内で医療機関を探すときには、症状に合わせて病院などを選ぶべきです。紹介状不要で診療が受けられるのが地域密着型の医療機関の特徴であり、乳幼児の診療に対応した医療機関の注目度も高いです。

More...

腸内環境を整えるメリット

医者

整腸サプリを利用する

腸閉塞とは、腸内にある食べ物や消化液、便など何らかの原因によって腸内に詰まってしまう病気です。症状は腹部膨満があり、嘔吐と刺すような強い痛みを伴います。腸閉塞は、機械性腸閉塞と機能的腸閉塞の2つに分類できます。機械性腸閉塞は腫瘍などが原因となり、腸内の物質が物理的に閉塞してしまうものです。一方の機能的腸閉塞は、腸の蠕動運動の低下や神経障害が起こることによって発病します。治療としては、早期発見をし治療につなげる必要があります。放置しておくと、意識が混濁するなど命を落とすこともある危険な病気です。この病気は、食生活や運動によって腸内環境を整えることで、予防することも可能です。そのために、食事療法を行うことや整腸作用のあるサプリメントを飲むことが効果があることもあります。

乳酸菌の概要と効果

整腸作用のあるサプリメントは、腸閉塞には効果的です。手術後などに腸の蠕動運動が弱っていたり、便秘になっていたりすると癒着を引き起こしやすく、注意が必要になります。このようなリスクを軽減するため、乳酸菌などのサプリメントが効果を発揮します。乳酸菌は腸内環境を整える善玉菌の一つです。便秘に効果があるうえに腸内を弱酸性の状態に保つことができます。これが悪玉菌の繁殖を防ぎ、腸の動きを高める働きを持っています。腸閉塞の予防で重要なことが腸を詰まらせないことです。重度の便秘に発展しないようサプリメントを活用するなど腸内環境を整えることが大事です。その他、基本となる食生活については、ゴボウやぜんまいなどの不溶性食物繊維の摂りすぎに注意をする必要があります。